ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの介護ロボ ベッド型に見える本気度

(1/4ページ)
2014/5/19 7:00
共有
保存
印刷
その他

 パナソニックが介護ロボットの開発戦略を進化させている。ベッドから高齢者などを車いすに移動させるため、当初は人の背丈ほどある双腕型のロボットを想定していたが大きすぎるなどの理由で断念。安全性や価格、使い勝手など現場での使いやすさを追求した結果、6月から発売するのがベッド型の「リショーネ」だ。日本が主導した生活支援ロボットの国際安全規格の認証も取得している。

■車いすへの移動を楽に

パナソニックのベッド型介護ロボット「リショーネ」
画像の拡大

パナソニックのベッド型介護ロボット「リショーネ」

 「リショーネ」は「離床」の名前の通り、中重度の要介護者が寝たきりにならず、ベッドから車いすに移動するのを楽にし、自立を支援し移動の自由を手に入れてもらおうというもの。ベッドが真ん中から2つに分かれ、片方の背中が持ち上がりリクライニングシートとなり、車いすになる。ベッドから高齢者を抱き上げる人の腰の負担を楽にする目的も大きい。価格は約100万円。

パナソニックの介護ロボット「TAR」
画像の拡大

パナソニックの介護ロボット「TAR」

 車いすへの移乗を支援する同社の介護ロボットの原型は2006年ごろに開発したトランスファー・アシスト・ロボット(TAR)だ。リショーネとまったく形が違う。人の背丈ほどある双腕型ロボット。2本の腕を高齢者らの体の下にいれ、腕で持ち上げて車いすに移す。人の動作をロボットにそのまま置き換える発想だ。

 これは「一応ヒアリングはしたが、開発者がこういうのはどうかと考えて作った」(パナソニックプロダクションエンジニアリングの河上日出生アシストベッドプロジェクトリーダー)。しかし、展示会に出すと「こんな大きなもの部屋に入らない」など介護関係者から総スカンを食った。

■ヒト型へのこだわり捨てる

 しかもロボットアームを高齢者の軟らかい背中の下に安全に差し込むことや、2つのアームで利用者を抱えて安定して運ぶのが難しい。抱えられる方も不安だ。この形は早々と断念する。開発チームは「ヒト型にこだわるのはやめよう。現場の意向を最大限に取り込もう」と軌道修正。様々な案から一体化したベッドと車いすの分離方式にたどり着く。

パナソニックのロボティックベッド
画像の拡大

パナソニックのロボティックベッド

 ただ、09年に発表したロボティックベッドもリショーネとかなり趣が異なっていた。寝ていた部分が車いすに全自動で変わるまさに“変身型ロボット”。利用者が寝たまま指示すると、マイクが音声を拾って認識し、自動で変身する。

 「技術を詰め込んだ理想型の全自動変身型ロボ」だったが、これも展示会や現場の反応はいまひとつだった。介護現場は様々な私物が置かれる。まだ、必要とするスペースが大きすぎるのだ。

 ベッドの位置を割り出したり、モーターを制御したりするセンサーのほか、約10の高性能モーターも必要で「かなり原価がはる」と価格の面でも現実的ではなかった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

リショーネパナソニック介護ロボットダイフク

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

射出成型機などを用意し、樹脂製エンジンの作り方や性能を欧州車メーカーに提案する

合金より3割軽いエンジン樹脂部品 住友ベークライト [有料会員限定]

 住友ベークライトがこれまで不可能とされた自動車の軽量化に挑んでいる。金属が中心だったエンジンなどの基幹部品を樹脂に置き換える取り組みだ。自動車メーカーへの提案を今年から本格化し、4月には欧州で初とな…続き (3/27)

「ゴーン氏の宿題」 三菱自、IoTと現場改善で挑む [有料会員限定]

 三菱自動車が工場の生産改革を加速している。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を使い生産ラインの不具合を迅速に現場に伝えるシステムを導入。現場発の改善活動にも力を注ぐ。日産自動車の出資を受け…続き (3/20)

1月にはカーフェリーの命名式・進水式が行われた

3D映像も駆使 三菱重工、造船業改革の現場 [有料会員限定]

 三菱重工業が下関造船所(山口県下関市)で生産改革に力を注いでいる。3次元(3D)CAD(コンピューターによる設計)を導入し、設計を効率化。カーフェリーや海洋研究船など特殊な船の建造を担当する同造船所…続き (3/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月29日付

2017年3月29日付

・レジ係ロボ用ソフト ヴィンクス ペッパーなどPOS連動
・自動運転 ガラスも進化 旭硝子が愛知工場でプレス生産
・鈴茂器工 飲食店向けロボを進化
・ケーヒン HV電子制御部品を増産
・日清オイリオ インドネシアでチョコ生産…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト