ベネッセ、データ削除中止求める ジャストシステムに
流通ルート解明理由に

2014/7/12付
保存
印刷
その他

名簿業者から購入したベネッセのデータを削除すると公表したジャストシステムの徳島本社(徳島市)=共同
画像の拡大

名簿業者から購入したベネッセのデータを削除すると公表したジャストシステムの徳島本社(徳島市)=共同

 ベネッセホールディングスは12日、ジャストシステムが5月に名簿業者から購入したデータを削除すると公表したことに対し、漏洩した情報の流通ルートの解明が困難になるため現時点では中止するよう求める声明を発表した。警察などの捜査に協力するよう求めた。

 ジャストシステムは5月に名簿業者の文献社(東京都福生市)から約257万件のデータを購入した。ジャストシステムはベネッセから漏洩した情報であると認識して使った事実はないが、出どころが明確ではないデータを購入したため道義的な責任があるとし、削除を決めていた。データの使用は既に中止している。

 ベネッセは約760万件の顧客情報が漏洩した。同社によると現時点ではこれ以上の漏洩は確認されていないという。同社への相談窓口の問い合わせ人数は11日までの3日間でのべ4万8千人に達した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

ジャストシステムベネッセ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報