グリーンBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ

(1/3ページ)
2014/4/8 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 三菱重工業は重水素を使い、少ないエネルギーで元素の種類を変える元素変換の基盤技術を確立した。原子炉や大がかりな加速器を使わずに、例えばセシウムは元素番号が4つ多いプラセオジウムに変わることなどを実験で確認した。将来の実証装置設置に向け、実用化研究に入る。放射性セシウムや同ストロンチウムを、無害な非放射性元素に変換する放射性廃棄物の無害化処理に道を開くもので、原発メーカーとして実用化を急ぐ。

■百数十時間で元素変換

クリーンルームで元素変換の実験に取り組んでいる(三菱重工の先進技術研究センター)
画像の拡大

クリーンルームで元素変換の実験に取り組んでいる(三菱重工の先進技術研究センター)

 3月下旬、米ボストンのマサチューセッツ工科大学の講義室。世界から集まった100人以上の研究者を前に、三菱重工・先進技術研究センターの岩村康弘インテリジェンスグループ長は「元素変換はマイクロ(100万分の1)グラム単位で確認できた」と報告した。多数の質問を受け、同社の実験を説明する理論の提案も数多く発表されたという。

 三菱重工の横浜市の先進技術研究センター。700を超える幅広い製品群を擁する同社の次世代研究を一手に引き受ける秘密基地だ。研究棟の1階の約3分の1を占めるクリーンルームで研究者が白衣に身を包み、約25ミリ四方の薄膜の金属板を装置にセットする。超高温や超高圧をかけることなく、数日で内部で元素が変わり、新たな元素が生まれてくる。

画像の拡大

 具体的には厚さが数十ナノ(ナノは10億分の1)と極めて薄い金属のパラジウムと酸化カルシウムの薄膜を交互に積層した多層膜に変換したい金属を付ける。この膜に重水素を透過させると百数十時間で元素番号がそれぞれ2から4、6多い元素に変わった。

 セシウムはプラセオジウムに、ストロンチウムはモリブデン、カルシウムはチタン、タングステンは白金に変わることを確認した。特殊な薄膜に重水素を透過させる独自技術は日本での特許に続き2013年、欧州でも特許を取得した。

 先進研の石出孝センター長は「ここ数年で研究が大きく加速した」という。様々な手法で重水素の濃度を高めることで、新しい元素の収量がナノグラムからマイクログラムへ3桁増えた。測定精度も上がり、1平方センチメートル当たり最大数マイクログラムの元素変換を確認したとしている。

 セシウムの元素変換率は、ばらつきはあるものの100%近いものもあるという。元素変換を示唆するガンマ線も微量ながら検出している。同社はセシウムの場合、パラジウム多層膜の内部で4個の重水素が1個のセシウムの原子核に十分近づき、陽子4個と中性子4個が加わりプラセオジウムになったとの仮説を立てている。ただ、詳しいメカニズムや理論は分かっていない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

三菱重工業、プラセオジウム、元素変換、ストロンチウム

【PR】

【PR】

グリーンBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アリゾナ州に東京ドーム25個分の面積の農地を持つ

天然ゴムに病害リスク ブリヂストン、米にノアの箱舟 [有料会員限定]

 ブリヂストンがタイヤを作る上で必要な天然ゴム資源の多様化に挑んでいる。米国アリゾナ州に東京ドーム25個分の農地を設け、天然ゴムの新たな原料として白羽の矢をたてた植物「グアユール」を育てている。一般的…続き (6/21)

データセンターを冷やすために造られた青い森クラウドベースの雪山

電力大食いデータセンター、苦心の省エネ 雪も活用 [有料会員限定]

 全国で自然の力を活用したエネルギー効率の高いデータセンターが相次いで立ち上がった。気化熱、地下水、人工の雪山など様々な手段を使い、膨大な台数のサーバーを冷やすために用いる空調の消費電力を大幅に抑えた…続き (6/14)

CO2排出ゼロのマークをつけたじゅう器を売り込む

カルビー、CO2排出ゼロの店頭POP 社外に販売 [有料会員限定]

 国内のスナック菓子で5割強のシェア持つカルビー。そんな食品大手がひそかに力を入れているのがポスターやじゅう器といった店頭販促(POP)の受注・生産事業だ。4月、POPを生産する工程で排出される二酸化…続き (6/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年6月24日付

2016年6月24日付

・ミロク情報と東洋ビジネス 海外法人の会計データ 自動で日本基準に
・ネット使った遺伝子検査、業界団体が自主基準 ヤフーなど9社認定
・天井クレーン 揺れにくく 東京農工大
・ルネサス、USB給電向け半導体を量産
・木の粉燃やすボイラー、IHI環境エンジとラサ工業
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

PR

関連媒体サイト