日本経済新聞

9月23日(火曜日)

日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
  • ヘルプ

コンテンツ一覧

価格は語る

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

自動車の期間従業員、時給1200円でも集まらない理由

2011/8/18 7:00
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

自動車の生産は回復基調にある
画像の拡大

自動車の生産は回復基調にある

 自動車メーカーが9月以降の増産に向け、工場で働く期間従業員の大量採用を進めている。トヨタ自動車やホンダの募集時の月給は時間に換算すると1200~1300円。デジタル家電や電子部品の工場従業員の時給が1100円程度なのと比べると高めだ。ところが、人がなかなか集まらない。背景には工場ワーカー特有の給与システムがある。

■過酷な自動車工場、短期で稼ぎにくく

 「工場従業員は支払総額で職場を選ぶ傾向が特に強い」。大手製造派遣・請負会社の社長はこう語る。工場で働く期間従業員や派遣社員の数は、工場の繁閑に応じて増減する。働く側も短期間の就労を想定している場合が多く、短期間でできるだけ多く稼ごうと考える。

画像の拡大

 そのため、残業に応じる従業員も多い。デジタル家電や電子部品の場合、作業は緻密だが長時間の残業にも耐えられると言われる。しかし、自動車工場は「かつて3K職場の代名詞と言われたように過酷」(人材会社の役員)だ。規定の労働時間以外の残業が肉体的に厳しいため「総額でみると、自動車よりデジタル家電などの方が稼げるケースも多い」(前出の社長)。

 それでは従来、自動車メーカーはどのようにして従業員を集めていたのだろうか。自動車需要が減退した2008年秋のリーマン・ショックの前は、入社時に支払われる祝い金や一定期間勤めた後に支払われる慰労金などが大盤振る舞いされていたという。

■正社員への道や福利厚生では人気出ず

 ところが、リーマン・ショック後は基本的に人余りの状態となり、祝い金などは姿を消した。今回の募集再開の局面でも当初は祝い金などの提示はほとんど見られなかった。リーマン・ショック後の雇い止めによるイメージ低下も重なり、求職者の間では敬遠ムードが広がった。

 自動車メーカーなどは正社員への登用、人材会社は福利厚生や教育制度の充実を工場ワーカーのインセンティブにしようとしているようだ。しかし製造派遣・請負大手、アウトソーシングの土井春彦会長兼社長は「労働者が重視するのは何にもまして給与」と断言する。そもそも雇用期間が不安定な期間従業員や派遣社員は「雇用リスクが大きい分だけ、正社員より給与水準を高くするのが当然の論理」という。

 土井会長兼社長は「長期雇用の正社員で固定費を増やすよりは、高時給でも外部労働力を使って変動費に変える方が結果的に人件費は低減できる」とも指摘する。自動車業界は特に国内雇用への責任意識が強いとされ、その人材戦略からは目が離せない。

(商品部 田上一平)

「価格は語る」は原則毎週木曜日に掲載します。

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中

人気記事をまとめてチェック >>設定はこちら

価格は語るをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

【PR】

【PR】

価格は語る 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマートフォン向けゲーム開発会社などITエンジニアの活躍の場は広がる(ゲーム開発のenishのオフィス)

IT分野の派遣「月収100万円」でも集まらず [有料会員限定]

 IT(情報技術)関連職の派遣時給が上昇している。IT投資の増加に加え、IT関連サービスの広がりという構造変化が業界全体の人手不足に拍車をかけており、時給の上昇につながっている。…続き (9/18)

今でこそ水揚げが増えてきたが、序盤のサンマ漁は過去最低水準だった

サンマ、ブリ漁に異変 温暖化の影響広がる [有料会員限定]

 野菜の店頭価格に、夏の大雨などが響いている。割安な野菜を見つけるのに苦労している消費者も多いだろう。地球温暖化で海水温が上昇することによって起きる天候異変の影響は、野菜だけでなく水産物の価格動向にも…続き (9/11)

北海道では「きらら397」から「ななつぼし」や「ゆめぴりか」に生産をシフトしている

コシヒカリ離れ、生産者にも 作付比率が低下 [有料会員限定]

 ブランド米の代表格といえば「コシヒカリ」だろう。食卓でも人気の銘柄だが、家庭内の調理が減少しており、近年は余剰感も指摘されている。これから出回る新米の作付比率は2年連続で低下し、生産者の間でもコシヒ…続き (9/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

モバイルやメール等で電子版を、より快適に!

各種サービスの説明をご覧ください。

TwitterやFacebookでも日経電子版をご活用ください。

[PR]

ページの先頭へ

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について