速報 > 社会 > 記事

日本脳炎予防接種、死亡の男児が併用禁止の薬服用

2012/10/31 23:45
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日本脳炎の予防接種後に急死した岐阜県美濃市の小学5年の男児(10)が、不整脈による突然死の恐れがあるとして併用が禁止されている2種類の薬を服用していたことが31日、厚生労働省への取材で分かった。同省は薬の服用と死亡の関係についても慎重に調べる。

 厚労省によると、男児は6月から2種類の薬を服用し、9月からさらに1種類を追加して飲んでいたが、前から飲んでいた薬と新しい薬の併用は禁止されていた。男児は10月17日、接種直後に意識を失い約2時間半後に死亡。岐阜県警の司法解剖では死因を特定できなかった。

 31日の厚労省の専門家委員会では、接種と死亡との因果関係について「ワクチンが原因となった可能性は低い」との意見でほぼ一致した。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

厚生労働省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
8/03 13:37
20,498.74 -86.50 -0.42%
NYダウ(ドル)
7/31 16:36
17,689.86 -56.12 -0.32%
ドル(円)
8/03 13:17
124.00-02 -0.21円高 -0.17%
ユーロ(円)
8/03 13:17
136.18-22 +0.37円安 +0.27%
長期金利(%)
8/03 12:48
0.410 +0.005
NY原油(ドル)
7/31 終値
47.12 -1.40 -2.89%

アクセスランキング 8/3 13:00 更新

1.
コナミ、ほころび始めた「上月王国」 [有料会員限定]
2.
中国、人民元国際化に身内から「待った」の声 [有料会員限定]
3.
マイナンバーの忘れ物 行政改革、骨抜き懸念 [有料会員限定]

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報