在留許可の再審査申し立て 仮放免中の外国人20人

2013/5/31付
共有
保存
印刷
その他

 不法滞在で強制退去の対象になりながら、身柄を拘束されていない仮放免中の外国人20人が31日、東京入国管理局に在留特別許可を求める再審査を申し立てた。

 弁護団によると、20人はパキスタンやフィリピンなど7カ国の男女。生活基盤が日本にしかないことや、長期滞在で地域に定着していることなどを理由にしている。

 法務省のガイドラインで、こうした事情は許可する「積極要素」とされており、弁護団は「入管当局はガイドラインにのっとって速やかに許可してほしい」としている。

 イラン国籍の男性(48)は10年前に勤務先の工場で転落事故に遭い、後遺症で足が不自由になり今も通院中。男性は「イランに帰ったら十分な治療が受けられない。日本で友達もたくさんできて、ここ以外での生活は考えられない」と訴えた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

不法滞在

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報