高校生に裸の写真を送らせた疑い、自称祈とう師見習い逮捕

2011/5/31付
保存
印刷
その他

 女子高校生の裸の写真を携帯メールで送信させ画像データを製造したとして、警視庁少年育成課は31日までに、埼玉県加須市騎西、自称祈祷(きとう)師見習い、佐藤昌弘容疑者(57)を児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕した。同課によると、「自分で楽しむためにやった」と容疑を認めている。

 同課によると、佐藤容疑者は福島第1原子力発電所から10キロ圏内の福島県双葉町に住んでいたが、逮捕時は埼玉県加須市の旧県立高校に避難していた。

 逮捕容疑は3月22~23日、携帯電話で都立高校2年の女子生徒(17)に「除霊をするので裸の写真を送りなさい」などと言い、裸の写真計10枚を電子メールで送信させ、児童ポルノにあたる画像データを製造した疑い。

 同課によると、女子生徒は十数年前まで双葉町に在住しており、佐藤容疑者のおはらいを受けたことがあったという。女子生徒の母親が3月21日、佐藤容疑者に「娘が変な夢を見る」と相談していた。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

高校生携帯メール容疑者祈とう師埼玉県容疑児童買春・ポルノ禁止法携帯電話見習い逮捕容疑警視庁逮捕逮捕時画像データ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報