速報 > 社会 > 記事

アップルの請求棄却 サムスンとの特許訴訟で東京地裁
スマホ特許、日本では初の判決

2012/8/31 13:18
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の「iPhone」(アイフォーン)やタブレット端末「iPad」(アイパッド)に使われている特許権を侵害されたとして、米アップルが韓国サムスン電子の日本法人などに1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(東海林保裁判長)は31日、サムスン側の特許侵害を認めず、アップル側の請求を棄却した。

サムスン電子「ギャラクシーS2 LTE」(右)とアップル「iPhone4」=共同

 アップル側は販売差し止めを求める仮処分も申し立てている。

 世界のスマホ市場で激しいシェア争いを続ける両社は世界10カ国で訴訟合戦を展開、各国で司法判断が分かれている。日本の裁判所での判決は初めて。

 今回の訴訟の対象は、サムスンが日本で展開するスマホやタブレット端末の「ギャラクシー」シリーズ8機種で、国内ではNTTドコモやKDDIが販売している。

 携帯電話やタブレット端末をパソコンに接続して、音楽や画像データなどを共有できるギャラクシーの機能が、アップルが持つ特許と同じといえるかが主に争われた。

 アップル側は「共有するデータを選ぶ仕組みがアップルの特許技術と同じで、ギャラクシーを販売する行為は特許侵害に当たる」と主張。

 これに対し、サムスン側は「ギャラクシーは、アップルとは別の技術を使用している」と反論。「そもそもパソコンと接続して初めて使える技術で、ギャラクシーを販売するだけでは特許侵害に当たらない」と請求棄却を求めていた。

 両社の製品を巡っては、特許技術やデザインが酷似しているなどとして、10カ国で50件以上の訴訟が起こされている。日本でも今回の訴訟とは別に、アップルが画面表示などの特許を巡りサムスンを訴えているほか、サムスンも特許を侵害されたとして、アップル製品の販売差し止めを求める仮処分を申し立てており、いずれも係争中。

 アップルとサムスンの訴訟合戦では米連邦地裁が24日、陪審評決でサムスン側の特許侵害を認め、同社に約830億円の損害賠償を課した。一方、韓国の地裁は同日、双方の特許侵害を認定し、双方のスマホの販売差し止めを求めた。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有
関連キーワード

アップル、サムスン電子、iPhone、iPad、スマホ、NTTドコモ、KDDI


米国での訴訟結果

アップル・サムスンの特許訴訟を読み解く

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/30 大引
20,522.83 +219.92 +1.08%
NYダウ(ドル)
7/30 11:52
17,732.15 -19.24 -0.11%
ドル(円)
7/31 0:47
124.41-44 +0.27円安 +0.22%
ユーロ(円)
7/31 0:47
135.80-82 -0.31円高 -0.23%
長期金利(%)
7/30 17:22
0.415 +0.015
NY原油(ドル)
7/29 終値
48.79 +0.81 +1.69%

アクセスランキング 7/31 0:00 更新

1.
出光、昭シェル筆頭株主に [有料会員限定]
2.
底力見せた内需株、「中国リスク」警戒ひとまず和らぐ [有料会員限定]
3.
どうする内定辞退 「迷っています」と迷わず言おう [有料会員限定]
人気連載ランキング保存記事ランキング

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報