東電・武黒氏、海水注入中止の経緯証言 国会事故調

2012/3/28付
共有
保存
印刷
その他

 国会の東京電力福島原子力発電所の事故調査委員会(黒川清委員長)は28日の第8回会合で、武黒一郎・東電フェローらを参考人として招いた。事故後、首相官邸に詰めていた武黒氏は福島第1原発1号機の原子炉冷却のための海水注入について菅直人首相(当時)の了解を優先して一時中止を求めたとし、「混乱を招いて大変申し訳なく思っている」と謝罪した。

 武黒氏は昨年3月12日夕、海水注入を聞いた後、「いったん中止し、首相の了解を得た後にすぐ再開するよう提案した」という。廃炉を避けるため海水注入をためらったのではないかとの見方には「あり得ない」と否定した。

 一方、広瀬研吉・元経済産業省原子力安全・保安院長は2008年に原子力安全委員会が防災区域の拡大を検討していた際、「寝た子を起こすようなことをするな」と凍結を求めたとされる。保安院は検討の凍結を求める文書も出したが、同氏は決裁の有無などを聞かれると「記憶にない」と繰り返した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京電力黒川清菅直人広瀬研吉

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
27日 2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報