鳥獣戯画修理、成果お目見え 京都国立博物館で今秋

2014/5/27付
共有
保存
印刷
その他

 京都市の高山寺に伝わる国宝絵巻「鳥獣人物戯画」(甲乙丙丁の4巻)の修理完成を記念し、京都国立博物館(京都市)は27日までに、修理過程の成果を紹介する展覧会「国宝 鳥獣戯画と高山寺」を今秋開くと発表した。同博物館が4巻を同時に展示するのは、1981年以来、33年ぶり。

 絵巻の修理は2009年に始まり、昨年3月に完了した。その過程で、鎌倉時代の作とされる丙巻が全4巻の中で唯一、人物画と動物画が並んでいた謎が解明。もとは1枚だった和紙の表と裏に描かれていたものを剥がし、つなぎ合わせて一つの絵巻物に仕立てたことなどが判明していた。

 同博物館の赤尾栄慶・学芸部副部長は「両面の絵を一度に見渡したいという単純な発想ではないか」と話している。

 同展の会期は10月7日から11月24日まで。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

京都国立博物館鳥獣戯画

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:02
7:01
東海 21:27
21:18
北陸 13:51
13:51
関西 6:00
6:00
中国 12:00
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:00
25日 22:09

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報