新元素113番、日本の発見確実に 合成に3回成功
理研、命名権獲得へ前進

2012/9/27付
保存
印刷
その他

 理化学研究所は26日、元素の周期表で113番となる新元素の発見が確実になったと発表した。合成に3回成功し、新元素の認定に重要な証拠となる、別の元素に変化していく様子を詳しく観察した。国際学会から認定されれば元素の命名権が得られ、日本発の元素が初めて周期表に載ることになる。

 成果は日本物理学会の英文誌(電子版)に27日掲載される。

 新元素は2004年に理研の森田浩介准主任研究員らが人工的に作り出した。05年に再び合成したが、データ数が少ないなどの理由で、国際学会は「発見」とまだ認めていない。

 研究チームは加速器で原子番号30の亜鉛原子を同83のビスマス原子に衝突させて作った新元素が、放射線を出しながら瞬時に別の元素に「崩壊」する現象を詳しく捉えた。崩壊を6回繰り返し、既知の元素に変わった。

 従来は4回までしか崩壊を観察できなかった。今回の成果は、新元素発見の十分なデータとなるという。日本に命名権が与えられれば初めてで、記者会見した理研の野依良治理事長は「科学技術立国として、日本発の名がついた元素を世界中の人が知っている周期表に載せたい」と話した。

 ただ113番の元素については、理研とほぼ同じ時期に米国とロシアの共同研究チームも別の手法で発見したと主張している。国際学会の部会はどちらに命名権を認定するか話し合いを始めており、早ければ年内にも結論が出る見通し。

 これまで周期表に載っている元素はすべて欧米の研究機関が発見、命名している。国や研究者にちなんだ名がつけられている例が多い。森田准主任研究員は「ジャポニウムや日本を代表する物理学者の仁科芳雄博士にちなんだニシナニウムなどを検討している」と話した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

野依良治元素発見発見理化学研究所仁科芳雄

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報