電子書籍数の過大表示、楽天を指導 消費者庁

2012/10/26付
共有
保存
印刷
その他

 楽天が7月に電子書籍サービスを開始した際に、提供できている日本語の書籍数は約2万冊だったにもかかわらず、広告などで「約3万冊」と表示していたため、景品表示法に触れる疑いがあるとして、消費者庁から口頭注意による行政指導を受けたことが分かった。

 楽天が明らかにした。指導は今月18日付。楽天は、買収したカナダ企業「コボ」を通じて専用端末「コボタッチ」によるサービスを7月19日に開始した。これに合わせて、日本語書籍3万冊を目標に、電子化作業を進めたが、予想以上に時間がかかり、間に合わなかったという。

 広告は既に刷り終わっていたため修正できず、同社のサイト上でも一部に「約3万冊」の表示が残ったままとなった。実際に3万冊を達成できたのは8月24日だったという。現在は約6万5千冊。消費者庁が、電子書籍関連で行政指導したのは初めて。楽天は誤りを認めており「真摯に受け止める」としている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

楽天書籍数コボタッチコボ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 19:16
17:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 11:50
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報