東京・葛飾の踏切事故、車運転の男起訴 危険運転致死傷罪など

2013/5/25付
共有
保存
印刷
その他

 東京都葛飾区の踏切に乗用車が突っ込み、自転車に乗っていた女性1人が死亡、男性1人が負傷した事故で、東京地検は25日までに、車を運転していた無職、黒田実容疑者(64)を危険運転致死傷などの罪で起訴した。

 起訴状などによると、黒田被告は2月、京成線の踏切の約150メートル手前の道路で追突事故を起こし逃走。時速約88キロで踏切に突っ込み、自転車に乗っていた主婦の杉岡真美さん(48)をはねて死亡させたほか、杉岡さんの長男(20)に脳挫傷などの傷害を負わせたとされる。

 警視庁葛飾署は自動車運転過失致死傷などの容疑で黒田被告を逮捕していたが、地検は速度が制御困難な水準まで達していたなどのことから、危険運転致死傷罪での起訴が相当と判断した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

危険運転致死傷罪踏切事故

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 14:00
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 9:24
7:02
四国 9:25
7:02
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報