児童ポルノ・虐待事件が過去最多 10年

2011/2/24付
共有
保存
印刷
その他

 2010年に全国の警察が摘発した児童虐待事件は前年比5.7%増の354件で、統計を始めた1999年以降の最多を更新したことが24日、警察庁のまとめた「少年非行等の概要」から分かった。児童ポルノ事件も同43.5%増の1342件で、同様に00年以降で過去最多だった。刑法犯で摘発される非行少年は減少傾向となっている。

 児童虐待摘発の端緒は、10年は家族・知人からの通報が前年比2件減の99件と最も多く、児童相談所からの通報が3件増の79件。このほか、近隣などからの通報が倍増の40件、現場に駆けつけた救急隊からの通報が10件増の28件と大きく増えた。

 被害に遭った児童は4.3%増の362人(男子172人、女子190人)で過去最多。年齢は1歳未満が42人と最も多かった。死者は33人と5人増えたが、それ以前よりは低い水準となっており、警察庁幹部は「近隣の意識の高まりによる通報の増加などで、警察や児童相談所による早期の対応ができているのではないか」としている。

 摘発した354件のうち、暴行などの身体的虐待が最も多い270件で、性的虐待が67件、育児拒否などのネグレクトが17件。摘発者は8.7%増の387人とこちらも過去最多で、このうち男が7割近い268人、女が119人。男は義父と内縁の父が多く、女は実母が大半だった。

 児童ポルノ事件は、インターネット利用が783件で全体の58.3%を占めた。摘発者は42.5%増の926人で、新たに特定した被害児童は52.6%増の618人だった。年代では中高生が各220人台と多く、小学生が93人、未就学児童が33人などだった。

 一方、刑法犯で摘発された20歳未満の非行少年は前年比4.9%減の8万5846人と7年連続で減り、1956年以来、54年ぶりに9万人を割った。再犯者の占める割合は高まっており、同0.2ポイント上昇し31.5%だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

児童ポルノ警察虐待事件摘発過去最多事件通報児童児童虐待

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 20日 22:15
20日 6:00
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
6:00
20日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報