変圧器にネズミ、4時間燃料冷却停止 福島第1原発

2013/4/22付
共有
保存
印刷
その他

 東京電力は22日、ネズミの死骸が見つかり点検のため停止していた福島第1原子力発電所2号機の使用済み核燃料プールの冷却を、4時間後に再開したと発表した。福島原発では3月、ネズミが配電盤をショートさせる停電事故が起きたばかり。東電が小動物の侵入対策を進めるさなかにトラブルが再発した。

 ネズミの死骸は22日午前、プールの冷却装置に電気を送る屋外変圧器の内部で2匹発見された。1匹は一部が焦げ、端子部分の上で死んでいた。感電死した可能性がある。もう1匹の死骸は変圧器の底部にあった。変圧器は箱状で、下部にケーブルを通す隙間があり、ネズミはここから侵入したとみられる。

 東電は先月の停電事故を受け、配電盤に金網を取り付けるなど小動物の侵入防止策をとったが、変圧器は対策が未着手だった。同型の変圧器は他にもあり、東電は隙間をふさぐなど対策をする。

 今回は突然の停電には至らなかったが、東電は死骸の除去と点検のため、約4時間にわたり電気を止め、プールの冷却を停止した。停止中にプールの水温は0.1度上昇しセ氏14度になったが、管理上の問題は発生しなかったという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京電力福島第1原子力発電所変圧器ネズミ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報