福島沖のアイナメから258倍のセシウム 過去最大値

2012/8/21付
共有
保存
印刷
その他

 東京電力は21日、福島第1原子力発電所から20キロ圏内の太平洋で採取したアイナメから過去最大となる1キログラムあたり2万5800ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国が定める一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)の258倍。これまでの魚類の最大は淡水魚のヤマメで1キログラムあたり1万8700ベクレルだった。

 福島県によると、同県産のアイナメは出荷制限の対象となっており、市場には流通していない。東電によると、仮にこのアイナメを200グラム食べた場合の内部被曝(ひばく)は0.08ミリシーベルトだという。

 問題のアイナメは、東電が8月1日に、福島第1原発から北に約20キロ離れた太田川沖合の1キロ付近で採取。アイナメはカニやエビなどを捕食しており、食物連鎖で放射性物質が蓄積した可能性がある。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:01
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:00
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 4:00
0:00
北陸 23日 7:01
23日 7:00
関西 6:05
6:00
中国 23日 7:02
23日 7:01
四国 23日 12:00
23日 7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報