弁護団「判断誤った」、最高検「判決は妥当」 光市事件最高裁判決

2012/2/20付
共有
保存
印刷
その他

 山口県光市母子殺害事件の弁護団は20日、死刑を選択した最高裁判決を「判断を誤っており、極めて不当だ」とする声明を発表した。

 声明は「強姦目的も殺意もないことは、客観的証拠や鑑定から明らかにされたのに、裁判所は無視した。被告は虐待で成長が阻害されており実質的には18歳未満で、死刑は憲法や少年法に反する」と批判。裁判官全員一致の判決でなかった点にも「強く非難されなければならない」とした。

 一方、最高検の岩橋義明公判部長は「少年時の犯行とはいえ、社会に大きな衝撃を与えた凶悪事件で、死刑が是認された判決は妥当と考える」とするコメントを出した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:35
7:05
北陸 6:05
6:00
関西 6:05
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:05
6:03
九州
沖縄
6:02
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報