18歳以下の甲状腺検査、長崎で実施 福島と比較

2012/11/20付
保存
印刷
その他

 環境省は20日、今月7日から18歳以下の子供を対象にした甲状腺検査を長崎県で始めたと発表した。東京電力福島第1原子力発電所の事故による被曝(ひばく)の影響の有無を調べるため、福島県は事故当時18歳以下の子供の甲状腺検査を実施している。他県の子供と比較するため、同省は長崎県のほか2地域でも今年度中に検査を行う。

 長浜博行環境相は同日の閣議後の記者会見で「(福島県の)県民健康管理調査と同様の検査を行って必要な知見を入手する」と話した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

福島第1原子力発電所東京電力甲状腺検査長浜博行

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報