医師が脱法ハーブ吸引か 病院搬送、看護師も

2012/6/19付
共有
保存
印刷
その他

 山梨県立中央病院(甲府市)に勤める男性医師と女性看護師が、陶酔や興奮作用のある化学物質を葉に混ぜた「脱法ハーブ」を吸引した影響とみられる体調不良で、甲府市内の看護師宅から勤務先の病院に搬送されていたことが19日、病院などへの取材で分かった。

 病院や消防によると、17日深夜から18日未明の搬送時に2人は意識がもうろうとしていたが、いずれも命に別条はないという。

 2人は17日午後、甲府市内の看護師宅で脱法ハーブを吸引したとみられ、午後11時半ごろ、意識がもうろうとなったという。「気分が悪くなっている人がいる」と近所の住民が119番した。

 様子を不審に思った病院が18日、甲府署に通報。同署は出頭した2人から任意で事情聴取。同署によると、尿検査で麻薬や覚醒剤などは検出されなかった。脱法ハーブの可能性があるとみている。

 山梨県立中央病院は「警察の捜査結果を待って、処分について検討したい」としている。

 脱法ハーブをめぐっては、吸引後に体調不良を訴えるケースが相次ぎ、4月には横浜市で脱法ハーブを吸っていたとみられる男性が死亡した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

脱法ハーブ病院中央病院医師看護師

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報