パソコンデータ、自殺の高2が消去か 兵庫・川西

2012/9/19付
共有
保存
印刷
その他

 いじめを受けていて自殺した兵庫県川西市の県立高2年の男子生徒(17)のパソコンのデータがほぼ残っていなかったことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 生徒の携帯電話のメール送受信履歴がすべて消去されていたが、県警は自分で履歴を消去したとみている。パソコンについては、いじめや自殺につながる手掛かりが残されている可能性があるとみて復元作業を進めている。

 県警は生徒のクラスメート約40人から任意で話を聞き終えたが「事件につながる話はこれまで出ていない」としている。

 一方、高校はいじめの実態を調べるために1、3年生全員を対象にしたアンケートを検討していることを19日、明らかにした。高校は6日、2年生全員へのアンケートを実施、この男子生徒へのいじめを把握したとしている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

パソコンデータパソコン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 14:00
13:13
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
6:25
中国 6:02
6:01
四国 6:01
6:00
九州
沖縄
2:00
27日 21:51

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報