海外大入学資格「バカロレア」 日本語で取得OK
文科省検討

2012/6/19付
共有
保存
印刷
その他

 平野博文文部科学相は19日の閣議後の記者会見で、世界の有力大学が入学資格に採用する「国際バカロレア(IB)」を日本語で取得できるよう国際バカロレア機構(本部スイス)と交渉していることを明らかにした。海外留学しやすい環境を整え、グローバル人材の育成につなげる狙いだ。

 大学入学資格が得られるIBは語学や人文科学、実験科学、数学など6科目からなり、機構が認定した学校で授業を行う。日本語を使うようにするのは一部で、留学先で困らないよう英語での授業も行う方針。文科省は教員の養成方法や学習指導要領との関係の整理も進める。

 IBは米ハーバード大など世界の有力大が入学資格に採用。同機構の認定校を修了して統一試験に合格すれば資格を得られる。現在は英語やフランス語などにしか対応しておらず、国内の認定校はインターナショナル校など23校にとどまる。政府はIBを取得可能な高校を今後5年以内に200校に増やす目標を掲げている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:00
6:00
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
1:31
1:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報