出資者7万3000人「戦後有数の被害」 弁護団が会見

2013/6/18付
共有
保存
印刷
その他

 安愚楽牧場の旧経営陣3人の逮捕を受け、全国安愚楽牧場被害対策弁護団は18日、東京都内で記者会見を開いた。弁護団長の紀藤正樹弁護士は「今後の捜査で実態が明らかになることを期待する」と話した。

 約7万3千人に上る出資者数について、紀藤弁護士は「戦後有数の消費者被害だ」と強調。破産管財人などの調査では、現時点で出資金の4%程度しか返還されない見込みといい、「被害の全面回復にはほど遠い」と説明した。

 弁護団事務局長の中川素充弁護士は「もっと早い段階で気付くべきだった。被害拡大を食い止められなかった国や監督官庁の責任も大きい」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

安愚楽牧場被害対策弁護団安愚楽牧場

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:55
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
12:02
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報