同意なく堕胎、医師逮捕 交際女性に投薬容疑、本人は否認

2010/5/18付
保存
印刷
その他

 交際相手の女性の同意を得ずに子宮収縮剤をビタミン剤と偽って服用させるなどしたとして、警視庁捜査1課は18日午前、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の勤務医だった医師、小林達之助容疑者(36)=金沢市=を不同意堕胎容疑で逮捕した。同容疑での強制捜査は異例。医師の知識を利用した悪質性を考慮し、強制捜査が必要と判断したとみられる。

 同課によると、小林容疑者は「知らない」と容疑を否認しているという。

 同課は同日、金沢市の小林容疑者の自宅など関係先を家宅捜索した。小林容疑者は2009年8月まで同病院の腫瘍(しゅよう)・血液内科に勤務し、その後、金沢市内の大学病院に移った。

 逮捕容疑は東京慈恵会医科大学付属病院に勤めていた09年1月、当時交際していた同病院の30代前半の女性看護師に対し、ビタミン剤と偽って、子宮を収縮させる作用のある錠剤を服用させたり、点滴を打ったりして、胎児を流産させた疑い。

 同課によると、女性は当時妊娠6週目だった。女性の自宅からは使いかけの子宮収縮剤の容器が見つかったという。

 女性が今年に入って警視庁本所署に「薬を飲まされて流産させられた」として被害届を提出、同課が捜査に乗り出していた。小林容疑者は当時、ほかの女性と結婚していたという。

 子宮収縮剤は陣痛の間隔を早める陣痛促進剤としても使用され、出産予定日を過ぎても陣痛が起きない場合や、陣痛前に破水して子宮内感染の危険性が高まった場合などに使われる。

 同課によると、妊娠初期段階で投与すると流産する恐れがあり、同課は小林容疑者が流産の可能性を知りながら投与したとみている。また一般的には処方せんがないと入手できず、同課は小林容疑者が医師の立場を悪用して入手した可能性があるとみて、経緯を調べている。

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 18:00
23日 7:01
関東 23日 7:01
23日 7:01
東京 23日 7:00
23日 7:00
信越 23日 7:01
23日 7:00
東海 4:00
1:31
北陸 23日 6:25
23日 6:22
関西 5:00
5:00
中国 23日 6:00
23日 6:00
四国 23日 6:00
23日 6:00
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報