大卒就職率、2年連続上昇 女子5年ぶり男子上回る

2013/5/17付
共有
保存
印刷
その他

 今春卒業した大学生の就職率は4月1日現在で、前年同期比0.3ポイント増の93.9%と、過去最低だった一昨年の91.0%から2年連続で上昇したことが17日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。このうち女子の就職率は94.7%と前年同期より2.1ポイント上がり、93.2%と1.3ポイント下がった男子を5年ぶりに上回った。

画像の拡大

 両省は大学とハローワークが連携した就職支援が進み、中小企業を働き場所に選ぶ大卒者が増えたと分析。男女の逆転は「女子の採用が多い医療や介護分野の求人が伸び、男子の就職が多い製造業の求人減が影響した」とみている。

 調査は全国の国公私立大62校を抽出し、就職希望者の就職状況を調べた。昨年10月1日の内定率は63.1%。今年2月1日時点では81.7%だった。10月1日時点からの伸び率は30.8ポイントだった。

 就職率は就職希望者のうち、就職した人の割合。今春の大卒者は推計55万人で、就職希望者は70.3%にあたる39.4万人。前年同期比で1.4ポイント増えた。就職できたのは37万人で2万4千人が内定を得られなかった。

 大学生の就職率は1997年の調査開始以降で6番目に高い水準。女子は就職希望率でみても高く、79.7%で過去最高を記録。働く意欲の高まりを示したほか、短大卒の女子の就職率も過去最高だった。

 一方、文科省が調べた就職希望の高校新卒者の就職率は、3月末時点で前年同期比1ポイント増の95.8%。3年連続の改善で、93年3月以来20年ぶりの高水準となった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
27日 2:00
26日 21:52

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報