サムスンに995万円のみ請求権 アップル訴訟で知財高裁

2014/5/16付
共有
保存
印刷
その他

 スマートフォン(スマホ)などに関する韓国サムスン電子の特許を巡り、同社と米アップル日本法人が争っている訴訟の控訴審判決で、知的財産高裁(飯村敏明裁判長)は16日、「サムスンによる損害賠償請求は、ライセンス料相当額を超える部分では認められない」との判断を示した。

 損害賠償請求権をすべて認めなかった一審・東京地裁判決を変更し、ライセンス料相当額として995万円だけの損害賠償請求権を認め、サムスンはアップル側にそれ以上は請求できないとした。

 訴訟の対象はアップル製のスマホ「iPhone 4」などに使われているサムスンの通信技術。サムスン側が求めていたアップルの販売の差し止めについては「権利乱用になる」として、請求を却下した一審判決を維持した。

 控訴審で知財高裁は、他社に特許を使わせる際の条件などについて一般の意見を初めて募集。国内外の個人、法人などから計58件の意見が寄せられ、判決では「貴重で有益な資料」になったと述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:15
12:35
北陸 7:01
7:00
関西 6:01
6:00
中国 7:02
7:01
四国 12:00
7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報