東京都、1世帯人数初の2人割れ 高齢単身者が増加

(1/2ページ)
2012/3/15付
保存
印刷
その他

 東京都の今年1月1日現在の1世帯当たりの人数が1.99人となり、1957年に調査を始めて以降、初めて2人を割り込んだことが15日、都の調査で分かった。23区は2005年から2人を下回っており、市町村でも減少が進んだ。総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は20.76%と過去最高を更新。高齢化が進む中、一人暮らしの高齢者や若者が増えている実態が浮き彫りになった。

画像の拡大

 調査は住民基本台帳に基づき、区市町村ごとの人口や世帯数などを集計した。1月1日現在の総人口は前年比0.31%増の1268万6067人と16年連続のプラス。世帯総数は同0.70%増の636万8485世帯で、調査開始以来、一貫して増え続けている。

 一方、1世帯当たりの人数は調査初年の57年は4.09人だったが、その後は減り続け、2年後に3人台、9年後に2人台となり、今年1月1日現在で1人台に突入した。

 地域別では特に区部と島しょ部で少ない。地方からの若者らの流入が多く、すでに2人を割り込んでいる23区は1.91人。市部(2.19人)、町村部(2.17人)ともに過去最低を更新。区市町村別で最も少ないのは三宅村の1.60人。青ケ島村(1.62人)、新宿区(1.65人)と続く。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報