阪神大震災の孤独死なお36人 昨年、兵庫の復興住宅

2012/1/14付
保存
印刷
その他

 阪神大震災の被災者らが暮らす兵庫県内の復興住宅で、独り暮らしの入居者が誰にもみとられずに亡くなる「孤独死」が2011年の1年間で36人に上ったことが14日、分かった。前年より15人減り、平均年齢は73.1歳。仮設住宅が解消された00年以降で最少だが、12年間の累計は717人となった。

 県内の復興住宅265カ所での県警の検視結果を基に日本経済新聞がまとめた。

 内訳は男性16人、女性20人。00年以降、女性が上回るのは初めて。最高齢は93歳、46歳が最年少。死因は病死の27人が最も多く、事故が5人、自殺は1人だった。

 発見まで11日以上かかったのは5人。昨年11月に自宅の居間に倒れているのが見つかった神戸市中央区の女性(74)の死亡推定時期は昨年6月だった。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

阪神大震災日本経済新聞

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
23日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:01
北陸 6:03
6:02
近畿 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報