総合

韓国選手の竹島領有メッセージで調査へ IOC
サッカー、日韓の3位決定戦

2012/8/11 21:37 (2012/8/11 22:25更新)
共有
保存
印刷
その他

日韓戦後に、「独島はわれわれの領土」とのメッセージを掲げる朴鍾佑選手(10日、ミレニアムスタジアム)=韓国オリンピック写真共同取材団提供・共同

日韓戦後に、「独島はわれわれの領土」とのメッセージを掲げる朴鍾佑選手(10日、ミレニアムスタジアム)=韓国オリンピック写真共同取材団提供・共同

 【ロンドン=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・アダムス広報部長は11日、英国のカーディフで10日に行われたロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦、日本―韓国の試合後に、韓国選手が竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げたとして、調査する方針を示した。

 韓国メディアの電子版などによると、韓国の朴鍾佑選手が「独島はわれわれの領土」と書かれたメッセージを持つ写真が掲載され、日韓のインターネット上などで問題視されていた。IOCは五輪憲章で、五輪施設や会場などでの政治的な宣伝活動を禁じている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

IOC韓国サッカー