東海テレビ社長が岩手知事に謝罪 不適切テロップ問題

2011/8/10付
保存
印刷
その他

 東海テレビ放送が情報番組で岩手県産米のプレゼント当選者として不適切なテロップを表示した問題で、同社の浅野碩也社長は10日、岩手県庁に達増拓也知事を訪ね、謝罪した。問題発生後、浅野社長が同県を訪問したのは初めて。

 浅野社長は知事との面会後、記者団に対し、同社幹部や関係スタッフの処分を検討していることを明らかにした。

 浅野社長は知事との面会の冒頭「大変ご迷惑をお掛けしました。深く反省し心からおわび申し上げます」と頭を下げた。社内に検証委員会を立ち上げ、近く検証番組を放送することを説明。「外部スタッフを含めて倫理を高め、再発防止に全力を挙げたい」と話した。

 達増知事は「県民、特に農業に従事する生産者は心の底から怒りに燃えている」と強く批判。「風評被害に苦しむ人たちにしっかり償い、風評被害を抑えるようマスメディアとしての務めを果たしてほしい」と求めた。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

浅野碩也東海テレビ放送達増拓也知事社長

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報