復興支援で日本縦断 ブログで発信したスイス男性の映画完成

2012/11/13付
共有
保存
印刷
その他

 東日本大震災の後、日本の魅力をブログで伝え復興に一役買おうと、北海道から九州まで2900キロを歩いて縦断したスイス人男性の活動を収めた映画がこのほど完成した。男性はスイス北部ウィンタートゥルで旅行代理店を経営するトーマス・コーラさん(45)。日本で上映会が開かれる11月下旬、再び訪日する。

 7歳のとき、かつて横浜に住んでいたスイス人一家から話を聞き、日本の文化などに興味がわいたコーラさん。30歳のころ埼玉県深谷市の語学学校で日本語を学び、スイスの旅行会社で日本担当となったが、震災で日本行きツアーのキャンセルが相次ぎ、失業した。

 「欧州メディアが取り上げるのは、東京電力福島第1原子力発電所事故のことばかり。日本が危険と決めつけず、安全で美しい場所が多くあると伝えたかった」。縦断をした理由をこう語る。

 昨年8月1日、北海道の宗谷岬を出発。テントやパソコンなどを詰め込んだ約15キロのリュックサックを背負い、1日平均20キロ以上歩き続けた。

 ニューヨークを拠点に映像関係の仕事をするステファン・クヌーセルさん(36)は知人のコーラさんから計画を聞き、心を動かされた。「映像に記録し、世界中に知ってもらいたいと思った」。ステファンさんにとって初の長編を完成させた。

 映画の題名は「ネガティブ・ナッシング(嫌なことは何一つなかった)」。毎日ブログを書き続けたコーラさんが決まって締めくくった一文だ。旅を終えたのは昨年12月31日。第二の故郷の日本とは今後も深く関わっていくつもりだ。

(ウィンタートゥル=共同)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ウィンタートゥルブログ東京電力

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 25日 7:01
25日 7:01
東北 25日 7:01
25日 7:00
関東 25日 7:01
25日 7:01
東京 25日 7:01
25日 7:00
信越 25日 7:00
25日 7:00
東海 1:31
0:02
北陸 25日 7:01
25日 7:00
関西 1:00
25日 23:50
中国 25日 5:55
25日 5:50
四国 25日 6:02
25日 6:00
九州
沖縄
25日 22:09
25日 22:08

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報