国税指摘の4000億円申告漏れ訴訟、IBM側が勝訴 東京地裁

2014/5/9付
保存
印刷
その他

 連結納税制度などを巡り、東京国税局から法人税約4000億円の申告漏れを指摘されたのを不服として、日本IBMの親会社、アイ・ビー・エム・エイ・ピー・ホールディングス(東京・中央)が処分取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は9日、IBM側の主張を全面的に認め、国側敗訴の判決を言い渡した。

 八木一洋裁判長は判決理由で「IBMグループが租税回避を企図したとまではいえない」と指摘した。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

日本IBM東京地裁アイ・ビー・エム

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:05
5:59
近畿 7:00
6:26
中国 11:48
11:48
四国 11:50
11:50
九州
沖縄
2:02
22日 21:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報