新型出生前診断受診の妊婦に高いストレス 名古屋市大が調査

2014/6/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 昨年4月に始まった新型出生前診断(NIPT)を受診した妊婦の9.1%が、受診後に高いストレスを感じていたことが、名古屋市立大大学院医学研究科の鈴森伸宏准教授の調査で分かった。NIPTを受けない一般の妊婦より2.6ポイント高かった。調査結果は近く英医学専門誌で公表する。

 調査結果への不安のほか、NIPTの是非を問う声があり受診に後ろめたさを感じていることも原因とみられ、鈴森准教授は「支援体制の充実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 12:30
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
5:58
中国 7:02
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報