丸井のATMでスキミング 海外で550人分不正利用
都内4カ所で被害

2012/12/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 丸井グループのクレジットカード会社、エポスカード(東京)が設置するATMで、利用者のカード情報が不正に読み取られるスキミング被害が発生していたことが8日までに、分かった。磁気情報と暗証番号を不正取得し、偽造カードを作る手口とみられる。海外で550人分のカードが不正利用され、このうち250人分は実際に現金が引き出される被害に遭った。

 丸井グループによると、被害が確認されたATMは都内の4カ所で、一…

関連キーワード

エポスカード、ATM、丸井グループ、クレジットカード、スキミング、マルイ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/03 大引
20,539.79 +17.29 +0.08%
NYダウ(ドル)
7/02 17:20
17,730.11 -27.80 -0.16%
ドル(円)
7/04 5:48
122.68-84 -0.47円高 -0.38%
ユーロ(円)
7/04 5:48
136.20-36 -0.51円高 -0.37%
長期金利(%)
7/03 15:37
0.480 -0.030
NY原油(ドル)
7/02 終値
56.93 -0.03 -0.05%

日本経済新聞の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報