速報 > おくやみ > 記事

歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去 57歳

2012/12/5付
共有
保存
印刷
その他

 歌舞伎俳優でテレビや映画など幅広い分野で活躍した中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、本名=波野哲明=なみの・のりあき)さんが5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため東京都文京区の病院で死去した。57歳だった。告別式の日取りなどは未定。

 十七代目中村勘三郎の長男として東京に生まれ、3歳の時に「昔噺桃太郎」の桃太郎で五代目中村勘九郎を名乗り初舞台。「髪結新三」「俊寛」「鏡獅子」など世話物、時代物、舞踊と芸域を広げた。

 現代に息づく歌舞伎を目指し、1994年に東京・渋谷のシアターコクーンで「コクーン歌舞伎」をスタート。これをきっかけに串田和美氏、野田秀樹氏ら現代演劇の演出家・劇作家と組み、多くの作品を生み出した。

 2000年には江戸時代の芝居小屋を再現した仮設劇場による「平成中村座」をつくり、ニューヨークやベルリンなどでも公演。05年に十八代目勘三郎を襲名した。

 NHK大河ドラマ「元禄繚乱(りょうらん)」に主演し、1999年のNHK紅白歌合戦で司会を務めるなどテレビでも活躍。映画や現代劇にも取り組んだ。

 10年末から突発性の難聴で活動休止し、11年9月に復帰。同年11月から12年5月まで東京・浅草で「平成中村座」のロングラン公演を行ったが、6月から食道がんで休演。11月に松竹などが「肺の疾患が見つかった」と発表していた。

 長男は六代目中村勘九郎さん、次男は二代目中村七之助さん。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報