東京都心も大雪の恐れ 5日夜から6日にかけ

2013/2/4付
保存
印刷
その他

 気象庁は4日、九州から関東甲信、北陸にかけての広い範囲で5日夜から6日に雪が降り、太平洋側の平地でも積雪の恐れがあるとして、交通の乱れに注意するよう呼び掛けた。東京都心など関東南部でも大雪となる可能性がある。

 同庁によると、5日夜から6日にかけて、低気圧が列島の南岸を発達しながら東寄りに進む見通し。関東地方に大雪をもたらした1月14日と似た気圧配置となる。

 都心は2月6日の昼間を中心に雪が降るという。気象庁は「樹木や電線への着雪による被害や雪崩の可能性もある。今後の情報に注意してほしい」としている。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

都心

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報