薬師寺東塔の解体修理始まる 無事祈り現地で法要

2012/6/4付
共有
保存
印刷
その他

 奈良市の薬師寺で4日、奈良時代に建立された東塔(国宝)の解体修理が始まり、工事の無事を祈る「宝珠(ほうじゅ)降臨法要」が営まれた。解体修理は明治時代の1898~1900年以来、約110年ぶり。長年の風雨で傷んだ屋根や柱などを補修・交換し、往時の姿をよみがえらせる。総工費は約27億円で2018年完成の予定。

薬師寺東塔で約1世紀ぶりとなる解体が始まった。最上部から下ろされた「宝珠」と「竜舎」(4日、奈良市)

 この日は塔を覆う工事用の足場(素屋根)の7階部分で、心柱の最上部にある飾り「相輪」の一部である「宝珠」「竜舎」を取り外した。今後、上部から順に解体するとともに詳細に調査する。

 約150人が参加した法要で、山田法胤管主は「全面解体とともに調査を行う。飛鳥の藤原京から移築したか、こちらで新築したかの再建・非再建論争に決着がつくのではないか」と語った。

 東塔は高さ約34メートルで3重。各層に裳階(もこし)という小さな屋根があり、6重に見える。美しい屋根の様子から「凍れる音楽」と称される。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

解体修理

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:02
7:01
東海 21:27
21:18
北陸 13:51
13:51
関西 6:00
6:00
中国 12:00
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:00
25日 22:09

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報