科学五輪目指し中2が合宿 ノーベル賞受賞者ら講義

2012/8/5付
保存
印刷
その他

 全国から集まった中学2年生が、合宿しながらノーベル賞学者らの講義や実験で学び、科学オリンピックを目指す「創造性の育成塾」が山梨県富士吉田市でスタートしている。合宿は7泊8日で、ノーベル化学賞の野依良治さんやフィールズ賞を受けた数学者森重文さんらが講義。中学教諭による理科の実験や富士山の自然観察にも取り組む。

 育成塾は特定非営利活動法人(NPO法人)ネットジャーナリスト協会の主催で、科学オリンピックに出場する人材を育てようと2006年に始まった。

 東京や岐阜など16都道府県から約40人が参加。参加した慶応義塾中等部の藤木玲奈さん(14)は「科学で未来を変えたいと思う」と話した。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

野依良治科学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報