冥王星の月「ケルベロス」「ステュクス」に

2013/7/3付
共有
保存
印刷
その他

 国際天文学連合(IAU、本部パリ)は2日、2011年と12年に発見された冥王星の2つの月をそれぞれ「ケルベロス」「ステュクス」と命名すると発表した。米国の人気SFドラマ「スター・トレック」にちなんで愛好家が提案した「バルカン」は選ばれなかった。

 ケルベロスはギリシャ神話に登場する3つの頭を持つ冥界の犬。ステュクスもギリシャ神話の地下の大河を支配する女神。これで冥王星の5つの月が全てギリシャ神話にちなんで命名された。

 バルカンはドラマに登場する「ミスター・スポック」の生まれ故郷の星。今回の命名をめぐって天文学者がネットで実施した人気投票でトップになったが、IAUはかつてバルカンが太陽系の仮想惑星の名前に用いられたことがあるのに加え、ギリシャ神話でなくローマ神話の火の神の名前であるとして除外した。

(ワシントン=共同)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ステュクスケルベロススター・トレック

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 19日 22:08更新
19日 16:00
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
19日 6:01
19日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報