福島産の新米、東京で販売開始 全袋検査に合格

2012/9/1付
保存
印刷
その他

福島県でことし収穫された新米を手に取る買い物客(1日午後、東京都江戸川区の「ふくしま市場」)=共同
画像の拡大

福島県でことし収穫された新米を手に取る買い物客(1日午後、東京都江戸川区の「ふくしま市場」)=共同

 福島県でことし収穫された新米の販売が1日、東京都江戸川区のアンテナショップ「ふくしま市場」で始まった。同県では8月から放射性物質の全袋検査を実施しており、合格したコメの県外販売は初めて。

 店頭には、検査で検出限界値(1キロ当たり25ベクレル)を下回った本宮市産「五百川」と会津坂下町産「瑞穂黄金」の早場米2品種が並べられた。設置された試食コーナーで買い物客が味を確かめ、名産の桃などと一緒に買っていた。

 家族4人で訪れていた江戸川区の会社員岡本孝雄さん(45)は震災前からの福島米ファン。「ことしもおいしかった。検査もしているし、何も心配せずに買いました」と話していた。〔共同〕

保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:40
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:02
6:01
近畿 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
21:41
21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報