神世界「教祖」に懲役5年 横浜地裁、霊感商法「責任重い」

2012/5/1付
共有
保存
印刷
その他

 山梨県甲斐市の有限会社神世界グループの霊感商法事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた「教祖」と呼ばれたグループトップ、斉藤亨被告(54)ら4人の判決公判が1日、横浜地裁であった。朝山芳史裁判長は「最高責任者として組織を形成する上での役割、犯行に対する指示など責任は極めて重く、実刑を免れない」と、斉藤被告に懲役5年(求刑懲役10年)を言い渡した。斉藤被告は即日控訴した。

 このほかヒーリングサロン運営会社の元経営者の佐野孝被告(43)は懲役3年、執行猶予5年(同6年)、いずれも同社元役員の浅原史利(49)と妻、嘉子(48)の両被告には懲役2年6月、執行猶予4年(同4年)が言い渡された。

 判決によると、斉藤被告は元サロン経営者の吉田(旧姓杉本)明枝被告(48)=組織的詐欺罪で有罪判決=らと共謀し、2004~06年に顧客5人から計1340万円を詐取。佐野被告ら3人は06年に2人から計150万円をだまし取った。

 事件の被害対策弁護団は閉廷後、横浜市内で記者会見を開き、弁護士の荻上守生事務局長は「宗教行為に仮託した金銭収奪が組織的詐欺と認定された」と判決内容を評価した上で「被害者は経済的被害に加え、適切な医療を受ける機会なども失った。量刑は軽すぎる」と指摘した。

 元顧客の女性は「斉藤被告らの反省は表面的。被害者にちゃんと謝罪してほしかった」と悔し涙を流した。同弁護団によると、神世界グループによる詐欺被害はのべ約1万人、総額は少なくとも180億円に上る。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

神世界詐欺

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 28日 7:01
28日 7:00
東北 28日 7:00
28日 7:00
関東 28日 7:01
28日 7:00
東京 28日 7:00
28日 7:00
信越 28日 7:01
28日 7:01
東海 2:05
2:00
北陸 28日 7:01
28日 7:00
関西 1:53
1:50
中国 28日 7:01
28日 7:01
四国 28日 11:50
28日 7:01
九州
沖縄
28日 23:48
28日 23:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報