2050年の世界GDP、アジア51%に アジア開銀見通し

2011/5/4付
共有
保存
印刷
その他

 【ハノイ=岩本陽一】アジア開発銀行(ADB)は4日、アジア経済に関する2050年までの長期見通しを発表した。各国が高成長を持続した場合、国内総生産(GDP)の合計は世界全体の51%(現在は27%)に増加すると予想した。

 ADBはアジア域内のGDPが50年に148兆ドルに増加すると推計。「世界の経済の重心がアジアにシフトする」と分析した。1人当たりGDPは世界平均の3万6600ドルを上回る3万8600ドルに増える見通し。

 一方、中所得国の中国やインド、インドネシア、ベトナムなどで成長ペースが鈍化する可能性もあると指摘。この場合、域内GDPの合計は61兆ドル、世界シェアは32%になる。1人当たりGDPも楽観的なシナリオの約半分に当たる2万300ドルにとどまるという。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

GDPADB世界GDPアジアアジア開発銀行アジア経済

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:21
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
22:07
22:06

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報