中国外務省「日本が危機あおる」 レーダー照射

2013/2/7付
保存
印刷
その他

 【北京=島田学】中国外務省の華春瑩副報道局長は7日の記者会見で、中国海軍艦船が海上自衛隊の護衛艦に火器管制レーダーを照射した問題に日本政府が反発していることについて「日本が危機をあおり、緊張をつくりだし、中国のイメージをおとしめようとしている。関係改善の努力に逆行するものだ」と語った。レーダー照射自体は「その報道については関連部門が現在、真剣に調査している」と述べた。

 一方、香港のフェニックス・テレビは7日夜、中国国防省の報道担当者が「(日本側の発表は)事実と一致しない」と話したと伝えた。発表内容のどの部分を否定したのかは不明。東シナ海での日中間の緊張は「日本の艦船が近距離から中国の艦船を監視しているのが原因だ」とも語ったという。国防省は7日夜現在、公式コメントを公表していない。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

レーダー照射中国

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
7/1 大引
15,682.48 +106.56 +0.68%
NYダウ(ドル)
6/30 終値
17,929.99 +235.31 +1.32%
ドル(円)
7/1 20:26
102.58-59 -0.11円高 -0.10%
ユーロ(円)
7/1 20:26
114.09-13 -0.05円高 -0.04%
長期金利(%)
7/1 15:40
-0.255 -0.020
NY原油(ドル)
6/30 終値
48.33 -1.55 -3.10%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報