「ウェバー氏、グローバル経営に適任」 武田薬品社長が会見
外国人幹部を招へい

2013/11/30付
共有
保存
印刷
その他

 武田薬品工業の長谷川閑史社長(67)は30日、東京都内で記者会見した。来年6月に社長兼最高執行責任者(COO)に就く英グラクソ・スミスクライン(GSK)のクリストフ・ウェバー氏(47)について「グローバルで競争力のある企業になるために適した人材だ」と述べた。

 初の外国人トップを迎えることに対し「社内の日本人候補も検討したが、グローバル経営を任せられるように社長の基準を厳しく考えた結果、社内では相対的に少し不十分な点があった」と述べた。

 GSKでワクチン事業を統括するウェバー氏は来年4月までにCOOとして入社。6月末の株主総会後の取締役を経て代表取締役社長を兼務する。長谷川氏は1年後をめどにウェバー氏に最高経営責任者(CEO)職も引き継ぐ予定であることを明らかにした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報