速報 > 企業 > 記事

日本触媒事故、紙おむつ生産に影響懸念
復旧に半年か

2012/9/29 20:53
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 日本触媒の姫路製造所(兵庫県姫路市)で29日発生した爆発事故で、紙おむつなどの製品供給に影響が出そうだ。同工場は紙おむつ向け樹脂の世界シェアで約2割、その原料となるアクリル酸で約1割をそれぞれ握る。国内外の他メーカーにも樹脂原料を供給しており、価格高騰など影響が広がる懸念がある。

 事故が起きたのは紙おむつ向け高吸水性樹脂「SAP」の原料となるアクリル酸の貯蔵設備。事故調査や原因究明、再発防止策の策定まで「半年かかる可能性が高い」(化学メーカー)とされ、長期の製造休止は避けられそうにない。

 同社のSAPの生産能力は世界シェアの3割にあたる年47万トン。うち32万トンを姫路製造所が生産している。在庫は1カ月程度という。

 SAPは世界では独エボニック、独BASF、三洋化成工業子会社のサンダイヤポリマー、住友精化が生産している。新興国の紙おむつ需要拡大でフル生産が続き、代替生産する余地が少ない。

 米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)はアジア向けの紙おむつに使うSAPの多くを日本触媒から調達している。同社の日本法人は「アジア供給への影響を最小限にとどめるため、代替調達の準備を始めた」と話している。

 紙おむつの国内市場で子供用で約4割、大人用で約5割のシェアを握るユニ・チャームは日本触媒からSAPを仕入れていないため「すぐの影響はない」という。おむつメーカーは化学メーカーと共同で独自のSAPを開発することが多く、取引が固定化している。

 ただ、姫路製造所はアクリル酸も年46万トン生産している。過半を自社で使用しているが、塗料やSAPの原料として国内外の化学メーカーに供給。アクリル酸の供給量が長期間落ちると「代替品の調達競争で価格高騰を招く」(化学メーカー)可能性もある。

 日本触媒の西居康仁取締役専務執行役員は「少なくとも億円単位の損害が出る」と話す。

小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップ速報トップ

関連キーワード

紙おむつ、日本触媒、SAP、P&G、爆発事故、ユニ・チャーム、花王

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
2/12 大引
14,952.61 -760.78 -4.84%
NYダウ(ドル)
2/12 16:40
15,973.84 +313.66 +2.00%
ドル(円)
2/13 5:49
113.28-30 +1.12円安 +1.00%
ユーロ(円)
2/13 5:49
127.52-54 +0.91円安 +0.72%
長期金利(%)
2/12 15:46
0.080 +0.075
NY原油(ドル)
2/12 終値
29.44 +3.23 +12.32%
人気連載ランキング保存記事ランキング

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報