大日本住友製薬、抗精神病薬の販売強化 北米でMR3割増員

2013/2/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 大日本住友製薬は北米で抗精神病薬を担当する医薬情報担当者(MR)を現在より約3割増やし450人体制とする。販売体制を強化して、主力商品へ育てるのが狙い。抗精神病薬は英国でも早ければ2014年に発売する見通し。今後、自社での販売体制を整えることで、17年度に売上高を12年度比5倍の10億ドル(920億円)に引き上げたい考えだ。

 同社が販売を強化するのは抗精神病薬「ラツーダ」。現在は米国とカナダで統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

大日本住友製薬MR精神病薬

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 18:00
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 17:26
13:31
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報