東電、4社から電力融通受ける 思わぬ寒さで
最大100万キロワット、11年4月以来

2012/11/26付
保存
印刷
その他

 東京電力は26日、東北電力や中部電力など4社から最大100万キロワットの電力融通を受けたと発表した。昨年3月、東日本大震災の直後から3月28日までは融通を受けたが、昨年4月以降では初めてとなる。気温が予想を下回り、暖房向け需要が膨らんだことが主因。火力発電所の点検やトラブルで供給力がもともと低下していたため、一気に需給が逼迫した。

 東北電、中部電、北海道電力、関西電力の4社から融通を受け、最大4532万キロワットの供給力を確保した。受電時間は午後3時半から27日午前0時まで。これに対して、午後5時台のピーク需要は4280万キロワット(速報値)。供給力に対する使用率は94%と、昨年4月以来の最高水準に並んだ。

 東電は26日朝の時点では同日の最大需要を4030万キロワットと予測していたが、雨で気温が上がらないことなどから4330万キロワットに修正。当初想定した4435万キロワットの供給力では使用率が97%となり、供給余力を示す予備率が安定供給に最低限必要とされる3%を割り込みそうだったため、融通要請に踏み切った。

 東電の火力発電所では20日に鹿島火力2号機(茨城県神栖市、出力60万キロワット)、25日に広野火力5号機(福島県広野町、60万キロワット)がトラブルで相次ぎ停止。12月以降の需要ピークに備えて点検中の火力もあり、供給力が低下していた。

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

東京電力関西電力東北電力中部電力北海道電力

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 18:00
23日 7:01
関東 23日 7:01
23日 7:01
東京 23日 7:00
23日 7:00
信越 23日 7:01
23日 7:00
東海 1:31
1:00
北陸 23日 6:25
23日 6:22
関西 2:00
2:00
中国 23日 6:00
23日 6:00
四国 23日 6:00
23日 6:00
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報