パナソニック・任天堂、ゲーム機操作法を共同開発

2013/9/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 パナソニックと任天堂はゲーム機をより使いやすくする操作法などを共同で開発する。顔認識や音声認識ソフトを手掛けるパナソニック子会社にこのほど任天堂が出資。子会社を通じ、ゲームの操作性などを高める新たな技術を探る。将来はデジタル家電の開発などにも両社の知見を生かしたい考え。

 20日付でパナソニック子会社のPUX(大阪府門真市、深江秀和社長)に任天堂が出資した。パナソニックが保有していた78%のPUX…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版は月初がお得。今なら12月末まで無料

電子版トップ

関連キーワード

パナソニック任天堂ニンテンドーDS深江秀和ゲーム機操作法ゲーム機PUX

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報