災害に強い街、千葉・浦安に 大和ハウスなど
地盤改良、太陽光発電や蓄電池備える

2011/11/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大和ハウス工業や富士通、三井物産など9社は千葉県浦安市で災害に強い環境配慮型都市「スマートシティー」の構築に乗り出す。月内にも産官学で開発主体となる組織をつくる。同市は東日本大震災で液状化被害が起きた。地盤改良を施したうえで太陽光発電や非常用の蓄電池を備え、エネルギーを最適管理できる街づくりに取り組む。

 開発主体となる組織には住宅賃貸・建設のスターツコーポレーションやトヨタホーム、パナホーム、富…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 0:15
25日 7:01
東北 25日 7:00
25日 7:00
関東 26日 12:18
26日 7:01
東京 25日 7:00
25日 7:00
信越 25日 7:01
25日 7:00
東海 14:00
1:51
北陸 25日 6:00
25日 6:00
関西 26日 1:43
25日 6:00
中国 25日 6:02
25日 6:01
四国 25日 6:02
25日 6:01
九州
沖縄
26日 1:45
25日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報