ロシアから電力輸入構想 ソフトバンクや三井物産
事業化調査、16年以降の実現目指す

2013/2/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 ソフトバンク、三井物産、ロシアの政府系電力大手インテルRAOの3社はロシアで発電した電力を日本に輸入する構想を打ち出した。3社は日ロ間の送電網の構築に向け事業化調査を実施、2016年以降の輸入を目指す。実現すれば日本初の電力輸入になる。福島第1原発の事故後、電力供給が不安定な日本にとって新たな電力調達先となる可能性がある。

 政府は電力システム改革を通じて国内の新規参入を促している。ただ日本の電気…

電子版トップ

関連キーワード

三井物産ソフトバンクロシアRAOインテル電力輸入福島第1原発

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報