ソニー、米ファンドの事業分割提案を取締役会で審議へ

2013/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ソニーは同社の大株主である米有力ヘッジファンド、サード・ポイントが提案した映画・音楽事業の分離上場について、取締役会で評価する方向で検討を始めた。サード・ポイントは分離上場で得た資金を不振のエレクトロニクス事業の再生に使うべきだと提言しているが、ソニーはスマートフォン(スマホ)事業の強化でエレクトロニクス事業の早期再生を目指している。

 サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)が…

電子版トップ

関連キーワード

ソニー、ダニエル・ローブ、CEO、スマホ、平井一夫、スマートフォン、エレクトロニクス事業

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



主な市場指標

日経平均(円)
6/27 9:31
15,111.17 +159.15 +1.06%
NYダウ(ドル)
6/24 終値
17,400.75 -610.32 -3.38%
ドル(円)
6/27 9:11
102.32-33 -0.73円高 -0.70%
ユーロ(円)
6/27 9:11
112.88-93 -2.13円高 -1.85%
長期金利(%)
--
--
NY原油(ドル)
6/24 終値
47.64 -2.47 -4.92%

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報